秋の終盤

日常風景


北山一丁目 2005/11/22撮影

秋の終盤は寂しい風景があちこちで見られます。

秋の華である紅葉のピークは過ぎ、かといって地面が落ち葉に溢れているわけでもない。雪はまだ。一方で繁華街では次のシーズンを先取りして、綺麗なイルミを飾り始めたり、雰囲気を誘う音楽をかけ始めます。そのギャップがどうにも切なく感じてしまいます。
そんなこの時期が大好き。

寒いときの雨ほど肌に刺さるものはないと思った今日。冷たい水分が靴から染みてくるとくじけそうになってしまいます。一度雪降ったんだから、もうずっと雪にしてくれればいいじゃないか…