「個人用設定」ウィンドウが表示されてWindowsが起動できない

PC・ネットサービス

しばらく使っていなかったWindows 7のノートPCを、今日久しぶりに起動しました。
起動して一番にウィルス対策ソフトの定義ファイルの日付をチェック。なんと最終更新は9月6日。3ヶ月ほどこのノートPCに触っていなかったことになります。
3ヶ月ともなると、Windowsアップデートもかなり溜まっていて、その数44件!44件とはいえ、すぐ終わると見込んでアップデートを開始しました。しかし意に反して、なかなか進まないプログレスバー。大失敗だったのは、この作業を自宅ではなく大学でやってしまったこと。ACアダプタを持ち歩いていない&元々バッテリーがあまり持たない(3時間ぐらい)PCだったので、プログレスバーの進まなさ加減とは対照的にバッテリー残量メーターはどんどん低下。そして、Windowsアップデート中に強制的にシャットダウンする事態に


個人用設定を設定していますその結果…
家に帰宅後ACアダプタをつないで起動すると、アカウントにログオンしたあと

「個人用設定」
次の個人用設定を設定しています:
Windows デスクトップのアップデート コンポーネント

というウィンドウが表示されたままデスクトップが表示されずに起動が止まる状態になってしまいました。



ネットで解決策を探したところ、どうやらアカウントのユーザープロファイルがおかしくなったことが原因の模様。
そして最終的にこちらのページのおかげで解決することが出来ました。
2010年08月03日のツイート – ついったー?

おかしくなったアカウントをアカウントAとして手順をまとめると

  1. Windowsをセーフモードで起動
  2. コントロールパネル > ユーザーアカウント > 別のアカウントの管理 > 新しいアカウントの作成
    にて適当な管理者アカウントを作成する(以下アカウントZ)
  3. 再起動してWindowsを通常起動する
  4. アカウントZでログオンする
  5. Zのログオンを保ったまま、ユーザーの切り替えでアカウントAでログオンする
  6. 無事デスクトップが表示される(ここで表示されなかったらこの方法じゃ駄目かも)
  7. Aのログオンの保ったまま、ユーザーの切り替えでアカウントZに切り替える
  8. アカウントZをログオフする
  9. アカウントAでログオンする
  10. コントロールパネル > ユーザーアカウント > 別のアカウントの管理 > アカウントの削除
    でアカウントZを削除する
  11. 再起動して問題なくWindowsの起動が完了するか確認

以上で正常起動できるようになりました。(上記はWindows 7のものです)
ネット上に解決法を記してくれていた方々に感謝です