Adobe Readerのpdf読み上げ機能の鬱陶しさを軽減する

PC・ネットサービス

鬱陶しいAdobe Reader 読み上げ準備待ちPDF閲覧ソフトのAdobe Readerにバージョン9から読み上げ機能が追加されました。

この機能が追加されてからというもの、PDFファイルを開いた際に「文章の読み上げ準備が完了するまでお待ちください」というウィンドウが表示され、しばらく待たされるようになってしまいました。

それならば、機能を無効にすれば良いのではないかと考えますが、なんとAdobe Readerの設定には、この読み上げ機能を無効にする項目がありません。アクセシビリティ向上への取り組みは大変結構なことですが、読み上げ機能が不要な人にとってはむしろユーザビリティが低下してしまったように思います。


先日、メジャーアップデート版であるAdobe Reader Xがリリースされました。
Adobe Reader X の読み上げ機能 設定画面ネット上には9の読み上げ機能に対する不満の声が多く存在していたので、Adobe社もこの声に応えてバージョンXには機能を無効にする設定項目を用意するのではないかと期待していました。しかし、その予想は裏切られました。バージョンXになっても相変わらず無効にする設定はありません。

というわけで、バージョン8並の使い勝手に戻すためにはユーザー側で何らかの対処をしなければならないのが現状です。
ネット上には次の2種類の対処法が挙げられています。

  1. 読み上げ機能に関わるプラグインファイルを削除する方法
  2. Adobe Readerの設定で読み上げ準備時間を減らす方法

1の対処法は根本的で確実ではありますが、私はインストーラでインストールされたProgram Files配下フォルダの中身をなるべく直接触りたくないので、2の対処法をとっています。しかし、ネット上で多く挙げられているものとは若干異なるので、せっかくなのでここに記しておきます。


環境設定 > 読み上げ に移動し、次の3項目を設定します
読み上げ機能イライラ回避設定

  1. 読み上げ順序オプション > 読み上げ順序
     → 左から右、上から下の順序で読み上げる
  2. 読み上げ順序オプション > タグ付き文章の読み上げ順序を上書き
     → チェックを入れる
  3. スクリーンリーダーオプション > ページあるいは文書
     → 現在表示されているページのみを読み上げる

一応それぞれの設定意図も解説します。

  1. 文章を参照して読み上げ順序を推測する機能を切るため
  2. タグの指定で推測機能が復活する可能性を潰すため
  3. 3つの選択肢の中で、一番読み上げ範囲が狭いと思われるため



この設定で大量ページのPDFファイルでも、読み上げ準備待ちにイライラさせられること無く利用できています。
ご参考にどうぞー