風邪あがりのチャリ散歩

日常風景


上田一丁目 2006/04/26撮影

気づけば踏切の足元はすっかり春の彩色。
“岩手大学農学部”と書かれた木製白塗りの棒は、一見極端に古い感じはしないけれど、いつ立てられたものなのだろう。上端の処理されていないように見える部分は、元は直線だったのかもしれない。ほどほどに劣化したこの感じが、悪い意味ではなく、農学部という案内対象とマッチしてちょうど良い感じ。


上田一丁目 2006/04/26撮影

ここは…もうすぐなにか咲くのだろうか。ほんのり赤く見える。

どんな花が咲くのか分かればイメージのしようもあるのに、植物に全く興味を持つことなくここまで来てしまったことを少し後悔。
けれど、知らなければ知らないなりの楽しみ方もあるわけで、勝手にあーだこーだと頭の中で花を咲かせて試してみると(ただのバカだな…)、ここに桜が咲いたら綺麗だなぁという結論に。実は、頭の中でイメージできた木に咲く花は桜だけだった、という事実は伏せておかないw


上田一丁目 2006/04/26撮影

正体不明の並木道の突き当たりには岩大旧正門が。
となると、やはり桜でよさそう。