現在2005年10月以降の画像がリンク切れしています。順次修正中です。

電柱・電線・鉄塔

ここで引き返し

ここが今回の106号線を行ってみよう作戦の最端地。 ちょうど良くバス停もあるし(バス停名がないんですが・・・)、写真には写っていませんが、ちょっと手前に「お疲れ様です」と言わんばかりに飲み物の自動販売機も。 今回はこの辺で勘弁してやるわ。という事でここで引き返すことにしました。

タイヤが電柱にぶらーん

何事もない日常の光景…。 のはずですが、一つおかしいところがあります。 写真右側の電信柱に注目。 タイヤが。 おまいさん、なんでそんなところにおるのかえー? この日気がついたわけではなく、前から気になっていたんですよね。 いつまで経っても無くなる気配が無く。

気づけば光ケーブルだらけ

ちょっと上を見上げると電線だらけ。 地中化工事済みの場所じゃない限り、どこでもこんな光景が見られると思います。 高いところに通ってる線とは別に、ちょっと低めのところを通っている黒くて太い線。 この写真では左右どちら側にもあります。