後遺症?


ロフトのはしご

未だに右腕を一定以上上げられません。肩が痛くて。

あれは去年12月の最初の休日のこと。あの日は前日というか当日明け方まで夜更かししていたせいでAM9時を過ぎてもぐーすか寝ていました。

ピンポーン。夢の中に割り込んできたチャイムの音。「ヤマト運輸でーす!」の声を遠くに聞いて半覚醒。そうだ、ネット通販で何か頼んでいたんだった。これを逃すと再配達は午後になってしまう。中途半端に寝ぼけたまま、大あわてで布団から脱出。目も中途半端にしか開いていない状態でロフトから降りようとした時、事故は起こりました。
左足をはしごの足場にかけて、さて次に右足を・・・あれ?右足に足場がないよ?寝ぼけた頭では、右足が空を切っているという予期しない状況に対処できず、そのままズドーン!2mほど下に落下してしまいました。

全身に走る鈍い衝撃。視界は灰色。血の流れる音なのでしょうかサーという音が頭の中で鳴っています。何が起こったのか把握できず動けないでいると、「ごにょごにょ?ごにょごにょ?」左右隣の住人が何か話している声が聞こえてきました。アパートの壁が薄いので、何をしゃべっているのかまでは分かりませんが何かしゃべっているという事は分かります。ピンポーンと再びチャイムの音。そうだ、宅配便に出ようとしたんだった。
意識が戻ってくると共に視界も徐々に回復。見えたのは天井。そうだ、ロフトから落ちたんだ。ズキーン!状況が把握できたと同時にそれまで気付かなかった全身の痛みにも気付きました。「でもとりあえず宅配便受け取らなきゃ…」この時点でまだ寝ぼけていたため痛みも多少緩和されていたのでしょうか、被害状況がよく分からないまま宅配便を受け取りに玄関へ向かいました。鍵を開けてドアを開けて。どもども配達員さん判子ですねはいはい判子判子・・・と棚に手をかけようとしたところ腕が上がらない。あれ?おかしいなあ?再トライ。腕が上がらない。痛い。「サインでも結構ですよー」ああそうですねサインにしましょうカキカキご苦労様でしたバタン。ドアを閉める頃には頭がくらくらして吐き気までして立っていられないような状態に。大あわてで玄関から部屋に戻ってそのままドシャッっと床のカーペットに倒れ込みました。

全身に響く鈍い痛み。頭の中のサーという音も復活。灰色が再び視界を侵食し始めました。意識もまた遠のいていきます。このとき、もうだめかも・・・なんて思ったのは秘密にしておくつもりでしたが書いてしまいました。救急車呼ぼうか・・・いや意識はあるしさっき宅配便受け取れたし・・・タクシー呼んで病院行こうか・・・今日休みだし救急ってほどのことじゃなかったら迷惑だし恥ずかしいし・・・とりあえず落ち着くまでじっとしていよう。こう決めたのは冷静に考えた結論ではなく、腕も背中も何もかも動かすだけで痛い上に意識レベルが微妙で何か行動を取ることが難しかったたためです。

パチッ。目を開けて時計を見るとPM3時。5時間ぐらい寝ていた模様。完全に目が覚めるまでしばらく待った後、さて起き上がりましょうか・・・と手をつくとズキーン!慌てて手をはずそうと肩を引くとズキーン!体を支えようと全身に力を入れるとズキーン!ドシャッ。生まれたばかりの子馬をひとりで演じて、想像以上にひどいダメージを負っていることを認識。頭も覚醒しているので、痛みも鮮明です。

とりあえず具体的にどこが痛いのか確認。右手をグーパー。痛くない。肘を曲げてみる。痛くない。肩を動かすとズキーン!なるほど肩か。左も試してみたところ、こちらは全部大丈夫。ということで左手を付いて起き上がってみる。するとまたズキーン!背中だ。背筋(はいきん)をやられているらしい。2度も子馬をやるのはくやしいので、激痛をこらえて何とか上半身を起こしました。立ってみたところ、足は問題なし。さらに細かく検証していったところ、主にダメージを負っているのは右肩と腰のすぐ上あたりの右側の背筋と確認。文字で見ると2箇所とかなり限定したもので、たいしたこと無いように感じてしまいますが、これがかなり辛かった(詳しくは後述)。

内部的痛みを確認したところで、外傷を確認しようと鏡のある風呂場へ。痛みを我慢しつつ上半身裸に。痛くて服を脱ぐのも相当辛い。
まずは正面から。特に異変無し。次に背中。って赤っ!!擦り傷やら切り傷ひっかき傷のオンパレード。特に右側がひどい。内部的痛みがひどくて気付いてなかったけれど、表面の傷もかなりひどいことに初めて気付く。もしやとシャツを見たところ、結構血がにじんでいました。柄物で濃い灰色だったから脱いだときには分からなかった。

服を着替えてまず最初にやったこと。トイレ。洋式便座に「座る」という行動が必要なわけですが、座るのに一苦労。座るという動作に結構背筋を使うんですね。座ろうとするたび痛みで反射的にビクン!と跳ねるように立ち上がってしまう(笑)そして呼吸もウッっと瞬間的に止まってしまう。動けるようになるまで数秒必要。跳ねてしまう感覚としてはギックリ腰みたいな感じを想像していただければ近いと思います。何度か海老を演じた末、無事な左手で全身を支えて他の筋肉を弛緩させたまま何とか座ることに成功。用を足すのにこんなに苦労することになるとは。便座から立ち上がるときにもまた同じ苦労がありました。すごく惨め。

次の行動はお茶を飲むこと。朝から一滴も飲んでいなかったので喉がカラカラでした。冷蔵庫からお茶を取ろうとかがんだところでまたズキン!声にならない痛みで、のたうち回りました。1人用の100L冷蔵庫。高さが低いんです。かがまないとボトルが取れません。しかしトイレで背筋を使わなければよいと学習した私はすぐに対策を編み出しました。それは柔道や剣道などの蹲踞の姿勢。上半身をかがませることなく立った状態からそのまますっと背筋(せすじ)を伸ばした蹲踞の姿勢へ。そしてお茶の入ったボトルを取り、すっと立ち上がる。痛みはほとんど無し。勝った・・・!と思ったのもつかの間、テーブルに置いてあったコップに注ごうとしてつい前屈みになってしまいズキン!しかしボトルを落とすわけにはいかず背筋(はいきん)を使って無理矢理姿勢を元に戻してしまったものだからズキズキズキン!!!お茶を飲むのになんでこんなに痛い目にあわなければならないんだ・・・

座った状態から起き上がる時にも背筋、手を洗うときに体を左右にぶれないように固定するのにも背筋、書き物をしていて消しゴムで消すときにも背筋。背筋というのは日常生活のあらゆる場面で使われるものだと、痛みを持って知りました。しかし、何より一番つらかったのはうかつに笑えないことだったかったかもしれません。
あっはっは(ズキン!)シーン・・・

この背筋の痛みは3週間ほど続きました。昨年末にはほとんど痛みが無くなり、今では全く問題なし。思う存分笑えます。
しかし、当初こそ背筋の痛みに比べて重大ではなかった肩の痛みのほうは1ヶ月以上たった今でも残っています。最初少し上げるだけでも痛かったのが徐々に上げられるようになり、よくなってきたのは確かなのですが、まだ最上限まで上げると痛い。肩の高さちょい上ぐらいまでなら痛み無しで上げられるので日常生活ではあまり問題ないのですが、このままになってしまわないかと心配になってきました。

読んで下さった方、くれぐれも体はお大事に。ほんの少し痛めただけでかなり生活に苦労します。
そしてロフトで寝ている方、くれぐれも寝ぼけたままで降りないように気をつけて下さい。危ないです。

落下から4週間ほど経った年末、大掃除をした際に体以外の被害に気がつきました。ロフトはしごの下にこたつテーブルを置いているのですが、はしご寄りの脚が一本折れていました。ちなみに落ちた床はフローリングの上にカーペットを直接敷いただけ。もしかするとこのテーブルがクッションになってくれたおかげで大事に至らなかったのかもしれません。こたつの脚の神様、感謝です。

“後遺症?” への10件の返信

  1. 肩の痛みはすっかり完治しました!

    2月、落としてしまいました。
    決してねらってないですよー、
    決してうるう日を狙って投稿しようとしてたなんてことはないですよー
    決して3月1日になってから気付いて凹んでたなんてことはないですからねーw

    おぉ、盛岡へ!
    僕も3月末に用事で盛岡に少し戻っていたんですが、ろくに町の様子も見られずに帰って来ちゃいました。
    時間に余裕があるときにまったり戻りたいです

  2. ふふふ
    落としましたね、もう3月ですぜ
    ネラった?
    それとも実は大変なことになっているのだったら、先にあやまっちゃいます
    4月-5月帰りまーす!わーーーい!!!
    福田パンを一度二度ではなくもっともっと食べられるくらいの期間です
    お店、新しくなったんですよね 楽しみ~~~
    うれしい

  3. お気遣い感謝です!

    >僕も宅配便がくるのは決まって午前
    ですよねー。受け取った後、とりあえずトイレトイレ・・・と鏡見て
    こんな状態で玄関に出たのかと絶句したり :k13:

    落下からしばらくは今までにない苦しみを味わっていたんですが、
    おかげさまでついにほぼ痛みが無くなりました。
    3月か4月に健康診断などで病院に行く予定なので、
    その時にちょこっと相談してみようかなと思っています。

  4. 大丈夫ですか!?

    想像できないくらい痛そうです(-_-;

    僕も宅配便がくるのは決まって午前なので、いつも寝惚けて受けとってます。

    飛び起きちゃいますよね…

    病院いきましょー、精神的にもらくになりますよ

  5. いやはやお気遣い嬉しすぎます!
    鍼。テレビでしか見たことありませんが、あれは怖いです :k80:

    調子の方は、肩をすくめて後に回すようにすると痛かったのが、痛みが無くなりました!
    まだ思いっきり腕を高く上げると少し痛いのですが、
    一週間前に比べてよくなったのは確かなので、
    このまま治ることを祈りつつもう少し様子を見たいと思います。

  6. >全然恥ずかしいことはない!
    考えてみたら作者さんに失礼ですね。
    でもやっぱり照れますw

    >一回お医者さんに行ったほうが
    アドバイスありがとうございます。さすがに長引き過ぎですかね・・・
    1月一杯様子を見てみて状況が変わらなかったらいってみようと思います。

  7. >恥ずかしいんですが、恋愛モノですw
    全然恥ずかしいことはない!

    ところで痛みのほう、一回お医者さんに行ったほうがいいと思いますよ

  8. >はい、ロフトベッドの上から、寝ぼけて、全く同じ・・・
    なんときこさんも経験済みでありましたか。
    ロフトで寝る人は必ず通る道なんでしょうかねえw

    >本の興奮
    読んだ直後のような常に心臓がドキドキしてる感じは無くなりましたが
    ふと場面を思い出したりすると、すぐドキドキが復活します。

    >そういう経験ってほんとにしみじみ幸せだなあと感じます
    ですねえ。本がこんな作用をしてくれるなんて想像もしていませんでした。

    >どんな本?
    恥ずかしいんですが、恋愛モノですw

  9. げげ、わたしも過去にやらかしました
    はい、ロフトベッドの上から、寝ぼけて、全く同じ・・・
    ムリしないでくださいね

    本の興奮は持続してますか?
    わたしも何冊かそんな世界が違ってみえるスイッチが入ったような、恍惚感というか、を経験させてくれた大切な本がありますよー
    そういう経験ってほんとにしみじみ幸せだなあと感じます
    どんな本?(さしつかえなければ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。