ちょい過去4

日常風景


2001-09-24撮影 上田二丁目

数日前のこと。
夕食後、恐ろしいほどの眠気が襲ってきたので、台所の用はもちろんはみがきもせず寝床であるロフトに直行。目を閉じると数秒と待たずに夢の世界へGO!な状態。

しかし、目を閉じて訪れたのは夢ではなく「サァアアーーー」という雑音。びっくりして目を開けると雑音は止んでいる。
おっかしいなあと思いつつまた目を閉じる。するとまた…「サァアアーーー」と雑音が。
早く寝たいので無視して目を閉じ続けていると「サァアアーーーザァアアアアアアアアアアアアアアアーーーーーーー!!!!!」音を例えるなら、アナログテレビでチャンネルが合ってない砂嵐の時の音に近い。どんどん雑音が大きくなってくる。なぜかそれに合わせて自分の心臓の鼓動も加速していることに気づき、怖くなって目を開ける。またピタリと雑音が止む。

これを十回ぐらいは繰り返したと思う。最終的には寝ることに成功したらしく、目が覚めても特に変わりもなく無事だったんだけど、いったい何だったんだろう。
何かの病気のサイン?怖いな。