あめがぽつぽつ降りつつ

日常風景


南大通一丁目 2005/09/06撮影

昨日の生協ベルフ仙北を過ぎて、ちょっと大きな交差点。
横断歩道はなく、歩行者横断用に用意された地下道へ入りました。

地下道で自転車に乗っていたオバさんと分かれ道出会い頭にぶつかりそうになってヒヤリ。
私は降りて押して歩いていたんですが、なぜか睨まれる。なんでやねーん。

自転車の皆さん、地下道は降りて押して歩きましょう。
誰かに怪我をさせたら困るのは自分ですから。

ちょっと気分を害しつつ地下道を抜けると拡幅工事中の明治橋への道。
だいぶ前からやっているような気がします。
出っ張って残っている建物とか色々あるから時間が必要なんでしょうね。

こういった拡幅される道路が作られる際、やっぱり立ち退き要請とかあるんでしょうか。
出っ張って一番最後まで残ってしまった建物を使っている人の気持ち、かなり辛いモノがあるような気がします。

以前住んでいたマンションの取り壊しが決まった際、最後2ヶ月ぐらいの間、そのマンションに住んでいるのは我が家のみ、という状態になりました。マンション丸々貸し切り状態。
周りを気にしなくていいので、コンポの音量上げてみたり、騒ぎホーダイできたんですが、一階玄関の灯りが消され、自動販売機が撤去され、他の階の廊下の灯りも消され、頻繁に弁護士さんが訪れ…と、あの心理的プレッシャーは何とも説明が難しいすごい圧迫感でした。

と、そんなことを思い出しながら明治橋を渡り、脇道に入るとそこにあったのがこの写真のお店
岩手縣官報販賣所
専門で官庁の刊行物を扱うお店があるんですねぇ?。知らなカッタ。
医大そばには、官公庁からのアクセスに便利な内丸支店もあるようです。

こういったお店にお世話になる人ってどういう仕事・趣味の方なんでしょうね。

さーて、明日は投票日。
自分が投じた一票差で当落が決まるかもしれません。ぜひ投票を。