一瞬の静寂

日常風景


南大通二丁目 2005/06/05撮影

日曜日の午後、隣の道の車の音も、遠くに聞こえる幹線道路の唸りもおさまって、人も通らない静寂が。
シャッターを切る直前でしたが、何ともいえず、その瞬間に吸い込まれそうになってしまいました。

普段、如何に音に溢れた世界に慣らされているかを認識した瞬間でした。

普段使わない道を通ってきて、ぷち迷子になりつつあるタイミングでもあったので、この世に一人ポツーンと取り残されたような、そんな感覚になりましたとさ。