ツタ

日常風景


北山一丁目 2002/05/08撮影

精一杯張り付いてます

学校帰りにちょっと寄り道をしてみると、白壁を確実に覆おうとしているツタ植物を発見。
そこでふと考えて見るともうすぐ夏。右側の建物にちょこっと伸ばしている緑の手が大きく広がるのもあと少しかも。
でも夏の前にはいや?な「梅雨」があります…。近くの田んぼはつぶれてしまったから、蛙の声を聴く楽しみもなくなって、本当にただ憂鬱な梅雨になりそうな予感です…。

学校では今年から音楽部と新聞部を兼部。数学のベクトルはわかんない。もう「うあ?忙しい?!」っていう日々が続く毎日。
ちなみに次回の担当新聞記事は論説。テーマはぱっと思いついた、メディア規制法について。むむむ…難解だ。。。

なんだか曇った現実の中を、ただ闇雲に、ただひたすら前を向いて歩いて、もしくは走ってきたこの1ヶ月間。
そんな中、ついこの間、やっと一筋の光が見えた。でも今はただ、その光を見失わないように、自分で消さないように、過去を確かめながら、確実に歩いていくことで精一杯。これでいい。目的地に向かって、欲張らないで頑張ろう。