山もんやり


二戸にて 2006/04/08撮影

木にほんのりと降りかかった雪は、まるでお菓子にかけられた粉砂糖のよう。
山全体を覆うもやは上の方ほど濃く、てっぺんはすっかり隠されていました。

もやの加減は徐々に移り変わっていて、まるで意識を持って動いているのではないかと思うような動き。

何ともいえない風景に、すっかり心を奪われてしまいました。

関連記事
IGRバースデーきっぷの旅[中編]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。