IGRバースデーきっぷの旅[準備編]


ダイヤグラム 2006/04/08撮影

IGRいわて銀河鉄道の企画商品「バースデーきっぷ」。
誕生日限定ですが、いわて銀河鉄道管轄全線(盛岡?目時)が300円(!)で乗り放題になる、超お得なきっぷです。一番安い巣子?滝沢間の普通運賃が150円ですから、どの区間でも一駅往復すれば元が取れます。もちろん、何度でも駅の外に出てOKです。

誕生日だった4月8日、これを利用してIGR全駅制覇に挑戦してきました。準備編、前編、中編、後編の四回に分けて、その日帰り鉄道旅行の記録を書き纏めていこうと思います。

まずは、全駅制覇のための計画づくり。
都会の通勤電車とは違い、本数が全然少ないので、一駅乗って降りて次を待って一駅乗って・・・とやると1日で全駅回ることは出来ません。

従って、上り下りを華麗に乗り換え乗り継がなくてはならないわけですが、数字の時刻がずらり並べられた普通の時刻表とにらめっこしてそれを考えるのは半端じゃなく難しい。この程度の駅数ならかんたんに出来る!という人もいるでしょうが、私はそんなに頭が回りません。
こういうときには「ダイヤ」の名前の元、本来のダイヤグラムの図が役に立ちます。
いつどこを列車が通り、どこですれ違い、どこで乗り換えが出来るのかが視覚的にズビシッ!と分かります。

そこでWinDIAというソフトにお世話になりました。
まずはIGRの時刻表を全て打ち込み。結構な量ですが、ここは根気強く、ただひたすらに。打ち込みが完了すればあとはかんたん。ダイヤグラム表示モードにすれば上の写真のような図が作成されます。縦軸が駅で横軸が時間。(写真では拡大しても見えづらいですが、上から盛岡、青山…金田一温泉、目時となっています)

あとは時間を逆行しないという事のみ頭に入れて、全ての駅を回れるようにお好みで、ひと筆書きでなぞれば完成!
私の計画ルートは写真の赤線に決定しました。
さてさて、計画通りうまくいったのでしょうか…。

前編につづく。

(…前編に続くってなんか変だなw

参考サイト
IGRバースデーきっぷ
WinDIA ダイヤグラム作成ソフト (Vector)
関連記事
IGRバースデーきっぷの旅[前編]
IGRバースデーきっぷの旅[中編]
IGRバースデーきっぷの旅[後編]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。