投稿者のアーカイブ

綺麗になっていました


2007-10-18撮影
さいたま市大宮区錦町

大宮駅西口を出てすぐ右折。そのまま北に向かって2km弱歩くと鉄道博物館に到着します。
大宮駅からニューシャトルに乗って最初の駅、鉄道博物館(大成)駅で降りればあっという間ですが、徒歩で行く人の事も考えてくれているようで、道沿いに「鉄道博物館まであと○m」の看板や鉄道の写真が用意されているなど、道中を飽きさせない工夫がされています。

このデコイチもその道沿いに展示されています。以前3回ほどこのデコイチの動向をアップしていましたが(参照: 2007-05-12 / 2007-09-06 / 2007-09-07)、鉄道博物館オープンに合わせて塗装が修繕されてレンガ模様の屋根が付いていました。

続きを読む

すごいです

ペンと紙から世界を作り出すことってものすごいことだと思います。自分には絶対できないことだからなおさら。

昨日はある作品の世界にすっかり入り込んでしまって、読み終えた後も感情移入した気持ちを現実に引きずったまま、夜眠るまでずっとドキドキしっぱなしでした。そもそも不純な動機と目的から読み始めた上、内容的にも姿勢だとか初心だとか生き方だとかそんなことを語るものではなく、いわゆる物語だったのに、どうして心をあっちにこっちにぐらぐら揺さぶられたり、こんなに大ダメージを受けて気持ちが整理整頓されて、物語とはまったく無関係のはずの自分の最近の姿勢を反省して正そうという決意をして、前向きな気持ちにまでなれたのか。不思議です。私が少し入り込みやすいところがあるのかもしれないけれど。作者さんはすご過ぎます。尊敬です。

心ブレイク記念

2007-12-31撮影
2007-12-31撮影 大宮駅
※本文とは一切関係ない写真

年始からいきなり心をぶっ飛ばされました。

悪い意味じゃなくて、いい意味で。ダメージはそれなりに大だけど、思いっきり前向きになれたというか、頑張ろう、って改めて初心に返ることができたというか。
今さら遅い、遅すぎる、というか手遅れかもしれないんだけど、幼稚で未だに耐性ゼロの私の心の中をグルグルと引っかき回して、今の自分よりよっぽど理想の自分に近かった過去の自分のある一面をふと記憶に甦らせてくれたりして、自分の薄汚れた、汚しっぱなしだった心の矢印をきれいにして正しい方向に向けてくれた感じ。ここから腐っていけばあっという間に元の木阿弥なんだろうけど、心をぶっ飛ばされてから続いている、ドキドキみたいな久しぶりのこの感覚はしばらく私をとらえたままだと思うし、このトキメキ感のような感覚をずっと味わっていたいって、今自分からそう思っています。

自分以外が読んでも意味分からない内容だけど、またおかしくなったらここに戻ってこよう。でも時計の針を戻すようなことはしない。間違うことがあっても、間違い続けない!

ブレイク要因に感謝。そして尊敬。

[追記]
今やばいぐらいにハイです。落ち着いたときが多少不安です

偶然か、それとも


2008-01-02撮影

盛岡から帰る途中の電車車内にて。

「ウィルコムタイムに話そう。夜9時から深夜1時もウィルコム仲間は通話無料中!」
というウィルコムの広告。
「明日、健康診断の人、応援してます!夜9時から絶食頑張って下さいね。」
との一文はおそらくウケを狙ったものと思われます。

しかしそれよりも、右下のステッカー「マナーモードに設定の上、通話はご遠慮下さい。」を見て笑いました。軽く広告殺しw

でももしかすると、この位置にしばしばこのステッカーが貼られているのを把握していて、合わせ技で笑ってもらう事まで考えてここに出稿したのかもしれないなあ。

ちゃっと行ってちゃっと帰る

明けましておめでとうございます。

お正月の盛岡帰省は

31日夕方盛岡着

家族と年越し&元旦過ごし

2日のお昼盛岡発、終電で埼玉着

というスピード帰省だったので、家でまったりと過ごすのみで盛岡の様子はほとんど見られませんでした。

31日に盛岡駅から実家へ向かう途中、乗ったバスが開運橋を渡りかけた所でちょうどライトアップの明かりが点灯されました。盛岡の写真ブログ等からライトアップされていることは知っていたのですが、実際に見られて&点灯のタイミングばっちりで、帰還を歓迎されているような気がして嬉しかったです :k01:

また、今回の帰省で今シーズン初めて雪を見ました。やはり盛岡寒いですね…。こんなに寒かったっけ?電車を降りてすぐ、寒さからガタガタと震えが来てしまい慌ててジャンパーのジッパーを閉めました。埼玉ではほとんどの人がジャンパーを着ている中、私はまだ着ずに外出しています。それでちょうどよいぐらいなので、盛岡の寒さに慣れていたおかげだと思っていたのですが、それでも徐々に埼玉の気温に慣らされていたのですね