偶然か、それとも


2008-01-02撮影

盛岡から帰る途中の電車車内にて。

「ウィルコムタイムに話そう。夜9時から深夜1時もウィルコム仲間は通話無料中!」
というウィルコムの広告。
「明日、健康診断の人、応援してます!夜9時から絶食頑張って下さいね。」
との一文はおそらくウケを狙ったものと思われます。

しかしそれよりも、右下のステッカー「マナーモードに設定の上、通話はご遠慮下さい。」を見て笑いました。軽く広告殺しw

でももしかすると、この位置にしばしばこのステッカーが貼られているのを把握していて、合わせ技で笑ってもらう事まで考えてここに出稿したのかもしれないなあ。

さようならWILLCOM、こんにちはSoftBank

84ヶ月間お世話になったウィルコムをついに解約。

ウィルコム(当時はDDIポケット)は高校生になって初めて持たせてもらった携帯電話(PHSだけど)の会社で、それからずーっとのおつきあいだった。

高校1年目は“クラスの1/3ぐらいがDポ”という、今思えば奇跡的な状況だったんだけれど、実際に契約数のグラフ(関東除く地域別)によると他の地域が「PHSなんて…」と減少が続く中、高校1年目にあたる2000年7月あたりはなんと東北が関西をおさえて、関東に次ぐ契約数第2位の地域になっていたという事実があったということで納得。
でもなぜそうなったのかは謎すぎる…。

まあそんな思い出があったり、データ通信のコストが低かったり、技術的な面からも感心したことがあったり、長い間使っていることもあって愛着もかなりあったウィルコム。
しかし今回解約。しかも実はほんの2ヶ月前までは色々な理由から(○から△が飛んでくる資金の一助になるのではないかとかゴニョゴニョ)、他社に移ることはあっても絶対にSoftBank Mobileにだけはしない!と心に決めていたのだが、ここにきてあっさりSBMにお世話になることを決心。

あっさりと決意を翻してしまったその理由は…ズバリ、お金
だって安いんだもん。なんせ、契約3ヶ月目から24ヶ月間の基本料金が7円×24ヶ月=168円。これにはさすがに釣られてしまうさーw
“さようならWILLCOM、こんにちはSoftBank” の続きを読む

落ち際の光、まっすぐ


盛岡駅西通二丁目(盛南大橋) 2007/02/18撮影

浸りたくなってしまうような、まっすぐな落陽。
太陽の方向の遠くにいる雲が落ち際の光に照らされて、輪郭がぶわっと光るのがとっても綺麗でした…。

この日、夕方のサティ食品売り場は大賑わい。日曜日の夕方はいつもああなのかな。人がごみごみしていた方が落ち着いて買い物ができる僕にはちょうどよい具合でした。

着信音を中断する方法

ケータイで非マナーモード時に着信があった時、出られないけれども鳴り響く着信音はとりあえず止めたいって時ありますよね。
そんなとき、普通のケータイなら簡単に止める方法が用意されているものですが、W-ZERO3[es]ではそのためズバリの手段は用意されていない模様。

何度かそんなケースを体験している中で、比較的スマートに着信音を消す方法を見つけたのでメモ。

着信中に*キーを長押し

これだけでOKです。つまりは着信中にマナーモードに切り替えているだけです。Today画面だけじゃなく、denwa.exeが最前面になっている時も*長押しでマナーモードになるようなのでこの方法が使えます。
着信が終わったらマナーモード解除するのをお忘れなく。