Vistaでスタートアップがブロックされるのを回避


このポップアップともおさらば

CanopusのTVキャプチャボードMTVX2004がWindows Vistaに対応していなかったため、”Vista対応”となっていたIO DATAのGV-MVP/GX2Wを今年1月のVista導入に合わせて購入したのだけど、この”Vista対応”というのがちとひどいものだった。

なんと解説PDFに”UACを切ってくれ”との記述が。切らなくても一応使えるのだけど、スタートアップ時に自動で録画予約アプリが立ち上がってくれなかったり、ブラウザからiEPG予約をするために毎度面倒な手順を踏まなければならなかったりと、これで本当に”Vista対応”を謳っていいものかよ…と思うような対応度合いだったのだ。
けれども、大枚をはたいて買ったボードをすぐに放り投げる気にもなれず、不便を強いられながらもずっと使い続けている。

しかし今回、不便なことのひとつであった、録画予約アプリmAgicマネージャが管理者権限で動作するためにスタートアップ時にブロックされてしまい、手動でブロック解除をしてやらないといけないという問題が次の記事のおかげで解決!

X-WORKS :: Diary : Vistaで管理者権限でスタートアップさせる方法

筆者様に感謝!

“Vistaでスタートアップがブロックされるのを回避” の続きを読む

Flashメモ

Flashのフルスクリーンとwmode=”transparent”とは現在のところ両立しない…とメモメモ
数時間格闘して原因を突き止めてググったら一発で涙目(´;ω;`)

Vistaの「すべてのプログラム」の表示が重い

「Vista すべてのプログラム 重い」で検索して来るかたが多いようなので、対処法を。

Windows Vistaにて新しくアプリケーションをインストールすると、しばらくの間スタートメニューのすべてのプログラム内でインストールしたプログラムが黄色(オレンジ?)に色づけされて、最近インストールされたプログラムですよーってお知らせしてくれるようになっています(XPにもある機能ですが)。これが重くなっている要因です。

タスクバー右クリック→プロパティ→タスクバーと[スタート]メニューのプロパティウィンドウが開く→[スタート]メニュータブ→カスタマイズボタン→[スタート]メニューのカスタマイズウィンドウが開く→新しくインストールされたプログラムを強調表示するのチェックを外す→OK→OK

たぶんこれで改善されるのではないかと思います。

色づけされた項目が増えれば増えるほどドンドン重くなっていくようです。Vista導入当初は色々アプリを入れ替えたりすることも多いでしょうから、かなり酷いことになるでしょう(笑)
たかが色を付けるだけでなんでこんなに重くなるのかは謎ですね。