赤レンガ

2002_0219_171715AA.JPG

レトロな建物結構好きです

学校の考査が終わり、ほっと一息ついたところで買いたい雑誌があったので大通へ。さわや書店をあさってみても目的の雑誌が見つからなかったので、中央通の第一書店へ。しかしここもハズレで東山堂ブックセンターへ。サンビルの東山堂ブックセンターにたどり着いてみると「撤退」の文字。あちゃー不況の波?などと思いつつ、結局肴町の東山堂本店へ行って無事ゲットしました。
その帰りにライトアップされたレトロな建物が目にとまったのでシャッターを切りました。岩手銀行中ノ橋支店。これは明治44年に岩手銀行の本店として建てられたそうです。今でも現役で使われてるとか。中に入ったことが無いので一度入ってみたいな。(しかし銀行開いてる時間は学校が・・・(苦

寒そう

2002_0203_123029AA.JPG

つっかえ棒が痛々しい

2月3日に岩手公園へ向かう途中に通りかかった石割桜。
石の裂け目から力強く成長し、ここまで大きくなった石割桜も、枝につっかえ棒をしないと冬はだめみたい。中央通に面して空気も悪いから、老齢の石割桜にはちょっとかわいそう。幹は藁で覆っているけれどそれでも寒そう。
今年の春はきれいに咲くかなあ。頑張れ石割桜。

雪だらけ

2002_0203_124428AA.JPG

盛岡はかつて不来方(こずかた)と呼ばれていたそうです。
昔、盛岡で暴れまわる鬼がいて、これに困った民が神様にお祈りをささげ、神様がその願いを聞き、鬼を捕らえ、二度とこの盛岡に来ないことを約束させたという伝説があります。鬼が二度と来ないということから、不来方といわれるようになったという説があるそうです。

最近では盛岡から都会に出て帰ってこない人も多くいるようですが、現代版不来方といったところでしょうか。たまには帰ってくるのもいいと思いますよ。

啄木の歌碑と街並み

2002_0203_124737AA.JPG

「不来方の お城の草に 寝ころびて
 空にすわれし 十五の心」

私の高校の先輩でもある石川啄木は、学校をサボって(笑)よくこの岩手公園に来ていたそうです。

この日はまさにきれいな晴天。
空を見上げると吸い込まれそう。
季節こそ違うと思われますが、啄木もこの場所から盛岡の空を見ていたのですね。
私は同じ空を見ても、立派な歌なんて詠めませんけどね(あたりまえ

氷が張ってた

(1枚目) 連日の寒さ・雪で氷が張ってます
(2枚目) はい、気をつけます(笑

今日は盛岡城址「岩手公園」を散策。
公園内の池には氷が張り、その上に雪が積もっていました。

公園じゅう雪・雪・雪。

十匹ほどのすずめが、えさを探して雪の上を飛び跳ねてました。かわいかったので、近づこうとするとパタパタパタッ!逃げ飛び立ってしまいました。おどかしてごめんよ。