恒例の鯉のぼり


中央通一丁目 2006/04/19撮影

散髪の後のスッキリした頭で郵便物を出しに行くと、毎年恒例の大量の鯉のぼりが今年も盛岡中央郵便局にその姿を現していました。

残念ながら屋根より低い鯉のぼりです。
世界一高い鯉のぼりのギネス記録とかあったりして?


ゆうパックの窓口で後納差し出しをすると、受付の女性の方があたふた。
胸の名札をみると、名前の横に若葉マークが。4月から入った人だったのかな。

しかし、細かい所はまだ不案内で分からない所もあるという程度なら良いのですが、彼女は全く知らなかったようで、呼んだ先輩から対応の仕方をまるまるこの場で初めて教えて貰っているような感じ。
若葉マークを、「まだ新米なので何も分かりませんがどうぞよろしく」的な免罪符として使っているようで、ちょっとそれはいくら何でも…と思ってしまいました。
ベテランの脇につけて、あくまでベテランメインで対応するというならまだしも、お客さんと対面する役なんだし、最低限一通り勉強させてから窓口に立たせるべきではないかと。

でも、一人で勝手に処理して適当な対応をされるよりはよっぽどよいわけで、今回すぐに先輩を呼んだあたり、若葉マーク的にはとても優秀な方だったと思います。

そういえば私の初バイトの時も、ほとんど何も教えられることのないままレジに立たされたっけ。
最初の教育はろくにしないってのが世の普通なのか。
実践の方が早く身に付くというのは、確かにもちろんその通りだと思いますが、その間踏み台にされるお客さんがいるわけで、やはり最低限の教育はあって然るべきだと私は思います。
お客さんを不安にさせない思いやり。

関連記事
鯉のぼり (2005/05/01)

コメント

  • この記事へのトラックバックは閉じられています。
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

*