「た」


金田一温泉駅(二戸市) 2005/08/14撮影

お盆という事で父の故郷、すなわちばーちゃんの家へ行って参りました。


金田一京助とか、金田一少年の事件簿が有名なので、知らない人が漢字見たらまず間違いなく「きんだいちおんせん」と読むのではないかと思われますが、
きん「だ」いちではありません。
きん「た」いちです。

写真を見て、濁点の部品がどっかに行っただけだろうという方もおられるかもしれませんが、そういうことではなく、正真正銘「た」です。
何か腑抜けてるような気がするのは気のせいだと思われます。

IGRいわて銀河鉄道に揺られてガタンゴトン。電車は混んでおらず、入線時間に来れば余裕で座る事ができました。発車ギリギリになると席も埋まり、いくらか立つ人も出てきましたが、いわて沼宮内でドバーっと人が降りて、空いている席の方が多いぐらいに。

金田一温泉駅は盛岡から1時間15分ほど。新幹線だと500円ぐらいの差で二戸駅まで20分ちょいで来ることができますが、駅から家までのタクシー賃が2倍以上に跳ね上がってしまうので却下。1時間、まったりと小説を読みつつ小電車旅行気分を楽しみました。


コメント

  • この記事へのトラックバックは閉じられています。
  • コメント (2)

  1. ありゃ…岩手県民なのに「だ」だと思ってました;
    いばらき県民に「ぎ」っていうと異様に怒られますよね(笑


  2. >いばらき県民に「ぎ」
    確かにw
    間違うと必ずツッコミを入れるところは、私も茨城の人も通じる部分があるかもしれません(笑

*