PHSの復興なるか!その13

・パケット使い放題時の支払総額

まとめ。


今回比較した各キャリアの最安パターンはそれぞれ、

NTTドコモ <FOMA>:8,357円/月

au <1X WIN>:7,182円/月

WILLCOM <AIR-EDGE PHONE>:3,654円/月

となりました。

FOMAには4,050円分の無料通話が付いていることや、1X WINには1,050円分の無料通話が付いていることなど、考慮しなければいけない部分があります。
通話なども使用する実際の使用環境での最安値は、使い方によって変動します。

AIR-EDGE PHONE「つなぎ放題[1x]」で通話料金が最大になるのは発信元から160km超の固定電話にかけた場合の20秒/10.5円。
112分通話すればau<1X WIN>の最安値7,182円と同額になります。
(実際には112分通話すればauも無料通話分を超えて課金されますが、めんどくさいので省略!)

以上を踏まえて今回の比較で確実に言えることは、月に通話を2時間以下しかしないのであれば、WILLCOMのつなぎ放題[1x]が最も安くあがるということになります。


コメント

  • この記事へのトラックバックは閉じられています。
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

*