伐採開拓中


上田一丁目 2004/08/04撮影

さんさ踊りは昨日で終わり、今日からは肴町で七夕祭り。
お祭りラッシュ。夏ですねぇ。そして暑さはまだまだ続きます。

さてさて、今年はオリンピックの年ですね。
オリンピックとは関係ありませんが、国際試合つながりでサッカーのアジアカップについて。中国で試合が行われた準々決勝の対ヨルダン戦、そして昨日の準決勝、対バーレーン戦。めでたく日本は勝ち進み、同じく勝ち進んできた中国との決勝が7日に行われることになりました。

試合を見ていた人もそうでない人も、ニュースでも取り上げられているので知っている方は多いと思うのですが、日本が出場している試合中の激しい日本ブーイング。中国が試合に出ているわけでもないですし、日本の勝敗が中国の勝敗に影響するわけでもないのに、日本がボールを持つと「ブーブーブー」のブーイング。日本がボールを奪われてピンチになると「ワーワーワー」の大歓声。試合を見ていた人は「なんじゃこりゃ?」と思ったのではないでしょうか。

日中間の歴史背景にいろいろあることは既知の事実ですし、向こうでの教育の仕方上、中国の人が反日感情を持ち、日本を非難することについては、まぁ、そういう立場なんだから仕方ないのだろうとは思います。だけどスポーツの応援にまでそれを持ち出すって言うのはいかがなものかなーと思ってしまいました。細田官房長官も小泉総理も言ってましたが、スポーツマンシップにのっとって、試合も応援も暖かく気持ちのいいものにしたいですよね。


コメント

  • この記事へのトラックバックは閉じられています。
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。

*